トップ会社概要営業内容製品紹介問い合わせリクルート

制帽 / UNIFORM

型/仕様

 

型と仕様に関しては現在資料作成中です。 詳しくは担当者までお問い合わせ下さい。


 

制帽ニュース

2016/5/2

新開発の制帽情報です。 これまで女性制帽は長きに渡って芯にケンマ草という天然素材を使っていたのですが、ここ数年、供給に不安が出てきました。 ケンマ草は中国の浙江省で編まれた麻の帽体ですが、昨今、編み手の減少、工賃の増加など、様々な要因で供給が不安定になってきました。 


そこで今回、女性用のこの手の制帽の芯はケンマ草!という固定観念を外し、さらに柔軟な発想をもとに制作しました。 無くなってからでは遅いので、乙島工場では予てからケンマ草に変わる素材の開発を進めてきました。 今回、ガラッと視点を変えて試してみたところ、これまでの試作品とは少し違う感じに! 型は女性用の定番の型のほぼ全てに適応します。


制帽ということで、帽子の中でももっとも過酷な条件で使用されるのです。 夏の暑い野外、冬の凍てつく野外の他、雨の日や雪の日も着用しなければなりません。 ユーザーから、「暑い」、「蒸れる」、「たためない」、「型崩れする」などの声を多数いただき、なんとか働く女性の要望に応えられないか!?」ということで日々研究開発に勤しんできました。  天然素材を使用することにより夏の暑い時期での通気性と過酷な条件下で型崩れを防ぐ為に、硬めに仕上げた芯でしたが、今回は最近のニーズに応えてクラッシャブルで圧倒的な通気性を確保しました。 今後、この制帽が世の中の主流になっていくかどうかは分かりませんが、常に一歩先を見据えることが重要だと我々は思っています。

 

2016/4/1

今回紹介するのは乙島工場で開発した夏用の通気性を重視した制帽です。 型は平天型に限られますが、天井部分がメッシュになっています。 夏場のエアコンの無い野外での仕事では暑さとの戦いです。 天井をメッシュにすることで、驚異的な発湿性を実現しました。 制服の生地に合わせてメッシュも何色か準備しています。 

画像のサンプルはメッシュ1枚ですが、見た目は透け透けですが、被ると意外と目立ちません。 どうしても気になる場合は、別途吸湿性の優れた裏地を合わせることも可能です。


 

BACK

Copyright (C) Japan Braid Hat Mfg.Co.,Ltd., All Rights Reserved.